小さな無人化から大きな無人化のパートナー 小さな省力化から大きな省力化のパートナー 機械設備・切削工具 産業機器の総合商社 大和産業株式会社

機械設備・切削工具 産業機器の総合商社

大和産業株式会社 群馬県伊勢崎市
 取扱商品
 NC旋盤

 被切削物を回転させ、固定されたバイトと呼ばれる工具で切削加工をする工作機械の一つである。 主に「外丸削り」、「中ぐり」、「穴あけ」、「ねじ切り」、「突切り」と呼ばれる各加工を行う。
 各種の旋盤に数値制御 (Numerical Control) 装置を取り付け、刃物台の移動距離や送り速度を数値で指示できるようにしたもの。現在では、コンピュータを用いての制御(CNC)が主流であり、この中には、回転中心から外れた穴の加工やフライス加工などを可能にした「ターニングセンタ」と呼ばれる工作機械もある。
 マシニングセンター

 主として回転工具を使用し、工具の自動交換機能(タレット形を含む)を備え,工作物の取付け替えなしに、多種類の加工を行う数値制御工作機械。
 自動工具交換機能をもち、目的に合わせてフライス加工・中ぐり加工・ねじ立てなどの異種の加工を1台で行うことができる工作機械で主に切削加工を目的としている。工具マガジンには多数の切削工具を格納し、コンピュータ数値制御(CNC)の指令によって工具を自動的に交換し、機械加工を行う。「自動工具交換装置を搭載したNCフライス盤」とも言える。
 ワークを削る主軸が鉛直方向である「立て形」と、水平方向である「横形」の2つに分類される。ほかにも、5軸同時加工のできる5面加工機や、10mものワークの加工が可能な門型マシニングなどもある。3次元加工、5軸同時加工により、複雑な形状の加工ができる。
 旋盤との大きな違いは、旋盤が「ワークを回転させて削る」のに対し、マシニングセンタ(フライス盤)は「刃物を回転させてテーブルに固定してあるワークを削る」点である。NCフライス盤との違いは、ATC(Automatic Tool Changer、工具自動交換装置)の有無である。
 近年は、刃物を回転させる主軸の高速化に伴って、シャンクと呼ばれる刃物を固定して主軸に差し込む部分の形状も多様化しており・BTシャンク・BBTシャンク・ISO(DIN)シャンク・HSKシャンクなどがある。これ以外にも様々なシャンク形状が提案されている。
 テーブルなどの本体部分を動かすための主要部分は、廉価版の機械においては、直動ガイド・台湾製のボールねじなどを使用してコスト削減を行っている。また近年では、X・Y・Zの全軸をリニアモータで駆動するマシニングセンターが登場している。従来のボールねじ形式の場合は、バックラッシュや振れ回り、摩擦に起因するスティックモーション等があるために寸法精度や形状精度に若干の難があった。一方、リニアモータ駆動形式では、非接触に近いため拘束力不足により、充分な減衰能が得られず重切削に難があった。しかし、ボールエンドミルを高速回転させ、微細ブロック切削送りを行う加工方法によって難切削材の加工も可能となり、高精度精密加工も行えるようになってきている。
 切削工具

 工作機械とともに切削加工に用いられる工具。金属などの加工法のうち、その一部を取り去ることを手段とするものに、切削と研削がある。前者は工具を押し付け表面を剥ぎ取るようにして削る方法であり、後者は砥石を使って表面を削る方法である。この切削加工に用いる工具を切削工具と言う。
 主な切削工具としてドリル・バイト・フライス・エンドミル・リーマー・タップ・ホブ・ピニオンカッター・ダイスなどがある。
 物流商品

しばらくお待ち下さい
 その他

しばらくお待ち下さい




取扱メーカーはこちら
  Face to Faceを心掛けて30年 〒372-0031
群馬県伊勢崎市今泉町1丁目1423-1
TEL.0270-75-3700 / FAX.0270-75-3830
大和産業株式会社 群馬県伊勢崎市 大和産業株式会社
Copyright(c)2009 Yamatosangyo incorporated All Rights Reserved